明日のつもりだったけど急遽時間が空いたので『スパイダーマン:ホームカミング』観てきました('∇')

img


配給会社の関係でキャプテン・アメリカやアイアンマンといったMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に参加出来なかったスパイダーマンが遂に参戦です!

正確には昨年公開の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に参戦してますが、あれは今回の映画の伏線って事ですね('∇')




まだまだ公開直後なので予告で見れるシーン程度の内容にとどめておきます。
過去上映されたスパイダーマンは、トビー・マグワイア主演でサム・ライミ監督の3部作、アンドリュー・ガーフィールド主演でマーク・ウェブ監督の2部作、そして今回が6作目。

↓は歴代スパイダーマンの予告(字幕なし)



これまでどちらかと言えばダーク系な色合いのスパイダーマンでしたが、今回は所謂典型的なアメリカのTVドラマで描かれる高校生の要素が強い青春ドラマ風の作風になってます😃

その上で”高校生がスパイダーマンになったらどういう行動をとるか・・・”という視点で描かれているのが面白かったです!

そりゃあの才能を授かりアイアンマンからアベンジャーズにスカウトされたら有頂天になりますよねw

主演のトム・ホランドはインタビューで”『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のマイケル・J・フォックスを参考にした”って語ってましたが、正しくそんな感じでした。


もう一つ、今回のヴィラン(悪役)の”バルチャー”。
ヴィランとは簡単に言えない設定、そして演じるマイケル・キートンが良い!

他にもアイアンマンのロバート・ダウニーとトム・ホランドの関係も新シリーズに相応しい関係だし、お目付け役のハッピーとの関係も良かった(出来ればハッピーとの絡みはもうチョイ多かったが良いかな・・・)。

過去の映画で散々描かれてきたスパイダーマン誕生のシーンをばっさりカットした点も簡潔だし、なによりMCUに参加したお陰でスターク・インダストリー製のスーツで世界観が一気に広がりました。

あと途中で尋問される人やゼンデイヤの名前、ラストで出てくる○○や途中で出てくる○○のディスり方もニヤっっとするし、全体を通して面白かったです!('∇')


敢えてマイナス面を言うなら、『アイアンマン』や冒頭の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を観てないとチョットだけ置いてかれる感がある位かな?


これだけアメコミ映画が増えてくると失敗作が出来そうなんだけど、マーベルはハズさないですね~!
これもMCUという主軸がしっかりしてるからなんでしょうね('∇')


DCも『スーサイド・スクワッド』は少しスベったけど、『ジャスティス・リーグ』では巻き返しを図って欲しいです!


スパイダーマンと言えば、主演のトム・ホランドくん。
ファンから「口の中にはカエルが隠れている」様に見えると言われて話題になってますね!
そのツィートを見てから気になってしょうがないですww

で、ついに本人がinstagramで認める発言をする神対応!('∇')


This is hilarious. I can confirm that the rumours are true 😂😂😂 #spidermanhomecoming

✌️さん(@tomholland2013)がシェアした投稿 -




これからも彼の口元に注目です(・∀・)

スポンサーリンク