昨日は朝からショックなニュースが・・・

「Google+」の一般向け終了へ 個人情報関連バグ発見と「使われていない」で - ITmedia NEWS

米Googleは10月8日(現地時間)、ソーシャルサービス「Google+」の一般ユーザー向けサービスを2019年8月に終了すると発表した。主な理由は「あまり使われていないから」としているが、その理由の説明の中で「Google+ People API」のバグで、最高50万人のGoogle+アカウントを非公開設定にしている個人データ(氏名、メールアドレス、生年月日、性別などだが電話番号や住所は含まず)が影響を受けた可能性があることが分かったとも書いている。

”あまり使われてないから”は表向きで情報漏えいで色々突き上げを食らう前に”Google+(ぐぐたす)人気ないから止めちゃえ”って事ですよね。
使われてない根拠として”ユーザーの90%のセッションは5秒以下”とも上げてますが、これは正しくないですね。
androidのスマートフォンに標準装備のSNSだからなんだか判らず起動する人がいて、これがユーザーの分母に加わるからこんな事になるんですよね。

一番利用してるSNSなのに...

まぁGoogle+がどう足掻いてもBIG3のfacebook、twitter、instagramの牙城は崩せないけど、個人的にはこの3つより有効活用してたんで相当ショックです。

Google+の良さは
  • HN可 (twitterは可だけどTLの流れが早い)
  • コミュニティ (facebookも出来るけど実名だから色々書けない)
  • コレクション (実はコレを一番利用してた!)
  • 細やかな公開範囲が出来る (ここが売りだったけど使い方を熟知しないと迷うw)
+他の3つでも出来る翻訳機能まで加わったSNSって他に無いんですよねぇ
似たような事はmixiでも出来るけど海外の人と繋がれないのが最大のネック。


Google側は”コンテンツ移行などのツールは段階的に提供していく計画”と”バックアップ”ではなく”移行先”と表現してるから新SNSを提供する可能性も0とは言えないですね。
GoogleとしてもBIG3に対抗するSNSを作りたいハズですしね!


続きを読む